« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月

2011年5月20日 (金)

徳島ラーメン  名店「いのたに」

第一番札所の霊山寺に参拝したあと、徳島市まで足を延ばして向かったのは
このところ(どのところ?)話題の徳島ラーメンのお店。
数ある徳島ラーメン店の中でも、この「いのたに」はかなり有名らしいです。
メニューはいたってシンプル、ていうかラーメンしかありません、はい。
もう少し正確にいうと、麺の量で大中2種類あって、肉の量で多少2種類、
それでもってトッピングがメンマと卵の2種類。この組み合わせで選ぶワケです。
まあライスも大中ありますが、それはほっときましょう。
そんなこんなでワタシが選んだ組み合わせは「肉入り大のメンマ入り」です。
器の高さがちと短めだったんで、これで足りるかな~?とか思ってましたが、
いやいや、お腹いっぱいになっちゃいました。
スープは魚介?ベースなんだけど、思いのほか濃厚で味わいがあります。
全体的には昔ながらの中華そば風ながら、少しコッテリ系。
徳島に行く機会があったら、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

Dsc00980

Dsc00977

Dsc00976

2011年5月15日 (日)

第一番札所 霊山寺(徳島県鳴門市)

ひょんなことから四国遍路第一番札所の霊山寺(りょうぜんじ)に立ち寄りました。
もちろん遍路を始めたわけじゃありません、はい。
弘法大師ゆかりの札所を巡る四国遍路は、八十八箇所すべて巡礼した場合の
総行程が約1,400kmにもなるそうですから・・・。
松山市にある石手寺もそうですが、札所になっているお寺は思いのほか立派で、
いかにもご利益がありそうな雰囲気を漂わせています。
観光地化しちゃってるのは、まあ仕方ないか。

Dsc00941

Dsc00947

Dsc00959

Dsc00969

Dsc00971

発売から3年も経過したSONYサイバーショット DSC-W170ですが、なかなか良い
写りです。 暗部補正機能(ダイナミック・レンジ・オプティマイザー)が搭載されて、
当時のSONYとしては、ようやく広角側28mmになった機種でした。
外装も多少の高級感を感じさせるものですが、色合いが自然で気に入ってます。
最近主流になった裏面照射型CMOSを採用するWX5と比較しても、細部の解像は
この1/2.3型1,000万画素CCDの方が上回っていて驚きました。連写合成を応用した
高感度撮影やパノラマなどの新機能は別にして、低感度の画質ではW170の方が
満足度が高いというのは皮肉なもんです。

2011年5月 9日 (月)

買ってしまいました Nikon D7000

暦通りのGWも終わり、明日からまた多忙な日々が始まるビミョーにブルーな日曜。
いつの間にか?増殖を遂げていたカメラ機材に、断腸の思いで大ナタを振るい、
すでに行きつけになりつつある市内のキタムラ某店で売却、だけのハズが・・・
店員さん曰く「今日まで査定10%アップやってます」

キタムラの買取り(下取りも)はかなり安くて、いつもガッカリするんだけど、
ネットのリサーチで期待してた金額にかなり近くなったもんだから、
手出しゼロでD7000が買えてしまいました(^^;

涙をのんで手放した機材は、
①D90 ボディ
②AF DX Fisheye 10.5mm F2.8
③AT-X Pro 124 F4
④K10D レンズキット
⑤EF50mm F1.8

③~④は中古購入品、⑤は初デジタル一眼レフのkissDNの名残り?
殆ど①~③の査定だけみたいなもんでしたが、購入総額の40%程度には
なったから、まあ良しとするかと。 どれも稼働率低かったんでね。

で、D7000。
発表時からスペックも高くて気にはなりつつも、
これ以上カメラ増やしてどうすんだ、というバランス感覚?が自重を促して
今に至ったわけですが、手にしてみると「かなりイイ!」ですね。

バッテリー充電もそこそこに、外へ持ち出してテスト撮影したのは久し振り
のことですが、とにかくテンポ良く撮れるし、ハズレ写真がきわめて少ない。
D90に比べて好みの絵作りになったのと、画質に安定感が出た感じかな。

セッティングの追い込みはまだまだこれからですが、
ピクチャーコントロールのニュートラルをベースに輪郭強調を若干プラス側へ
振ったものをカスタム登録しました。
もう少し使い込んでみて、追々レビューしたいと思ってます。

Dsc00923

Dsc_0010

Dsc_0011

Dsc_0014

Dsc_0022

Dsc_0027

Dsc_0037

Dsc_0049

Dsc_0061

Dsc_0068

Dsc_0055

2011年5月 1日 (日)

松山銘菓 母恵夢

4月17日に放送されたテレビ朝日系「シルシルミシルさんデー」の
全日本隠れたお土産お菓子-1グランプリ(長っ!)に登場した松山銘菓が
この母恵夢(ポエム)です。
松山銘菓といえば「一六タルト」か「坊っちゃん団子」だろがっ?
いやいや、今回は「隠れたお土産お菓子」ですから。
このお菓子、わたしもこの番組で初めて知りました。
残念ながら優勝はしなかったんですが、知ってしまった以上は味見をして
みない訳にはいきません。(なんで?)
つうことで買ってみました。
テレビで見た印象からすると思いのほか小さいですな。でもって柔らかい。
肝心のお味ですが、「ああ、どこかで食べたことあるな~」です。
いちばん近いのは郡山銘菓「ままどおる」です、わたし的には。
いや、けっして不味くはない、というより美味しいんです。
でもね、あちこち転勤してあれこれ口にしてると肥えちゃうんですよ、舌が。
完全に個人的な好みですが、いままで食べたお菓子で「これは!」と印象に
残ったのをあげてみると・・・

○博多通りもん(福岡)
○シャン・デ・レザン(福岡)
○ざびえる(大分)
○霧島茶フィナンシェ(鹿児島)
○うなぎパイVSOP(静岡)    ・・・こんなとこになりますかね。

まあ、これらが「隠れたお土産お菓子」かというとビミョーですけど。

Dsc00920

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ