« 2010年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月25日 (金)

3月は別れの季節

転勤が決まった3月の時間は、ふだんより早く流れていく感覚があります。
あっという間に最終週を迎え、毎日はいつも以上に忙しいんですが、
思い残すことは余りにも多く・・・。
Dsc_4904

それでも3月31日を境にして、全く違う環境での生活が否応なく始まっていく。
転勤族の生活というのは、ある意味不思議なもんです。
Dsc_0750

今まで当たり前のように見てきた景色が、これからは残りの人生で何度出会えるか
分からないものになるわけです。
Dsc_4536

そして4月1日からは新しい出会いが待ちうけていて、
偶然であり必然でもあるその出会いはまた、自分の人生に何らかの影響を
与えていくことでしょう。
Dsc_4709

新しい出会いの前に、かならず越えなければならない峠。
3月はそんな別れの季節です。
P1000322

さあ、来週はいよいよ新任地へ旅立ちます。
いよいよです、いよいよ・・・。
これが最後のヒントです。
では、ファイナルアンサーを、どうぞ。(誰が?)
P1000713

2011年3月22日 (火)

荷造りほぼ完了

三連休で引っ越し準備もなんとか目途が立ち、ほっと一息・・・。
といきたいとこですが、やはり異動時の3月は暴力的に忙しいです(ToT)。
30日に荷出しを済ましたら、翌日にはもう新任地に向かいますから、
平日ベースで残り5日しかない!
まあ、どうしても終わらなかったものは後任に託すしかないんですけど、
少しでも負担を軽くしてバトンタッチしたいですからね・・・。
鹿児島に来るときはインフルエンザに罹ってしまい、そのしわ寄せで
最終日はほとんど徹夜。もうろうとした状態で飛行機に乗ったのを思えば、
今回はまだマシかも。
さて、肝心の赴任先ですが、個人的には日本の原風景があると感じている
瀬戸内海に面した県庁所在地、というのが2番目のヒントです。
(誰も興味ないって?)

Dsc_0733

2011年3月13日 (日)

東北太平洋沖地震 ~心よりお見舞い申し上げます~

超巨大津波がこれほど恐ろしいものとは・・・。
五百年あるいは千年に一度という大地震がもたらした自然の脅威は、東北地方を中心に想像を絶する被害を与えました。被災地の一日も早い復興を祈るばかりです。

壊滅状態となった陸前高田市で幼稚園から小学校前半を過ごし、卒業したのは石巻小学校、大学時代は両親が気仙沼市に住んでいました。
就職後の転勤で八戸市に四年間住んだこともある私にとっては、テレビから流れる各地の被災映像のほとんどが身近なものに思えて胸が痛みます。
同級生や恩師、仕事でお付き合いのあった方々が無事であることを願っています。
宮城県に住む両親を心配してメールをいただいた皆様、ありがとうございました。

爆発的噴火を続ける霧島連山の新燃岳を目にしたときにも、抗いがたい自然の力を思い知らされましたが、今回の地震と津波は余りにも大きい衝撃でした。

<爆発的噴火前の新燃岳>
P1000481

<現在の新燃岳>
Dsc_0942

2011年3月 9日 (水)

さらば鹿児島

仕事の大きな変化でここしばらく更新すらままならない状況が続き、
一部ファン?の方々から「はよ更新せんか」とのお叱りを頂戴しておりましたが(^_^;)
このたび社命により異動することと相成りましたので、ご挨拶のエントリーを。
4年間の鹿児島生活も残すところ1か月足らずとなり名残は尽きませんが、
不定期更新、というか最近は休眠状態だったいい加減なブログにお付き合い頂いた
皆様には心より感謝を申し上げます。
新任地がどこかを始め今後の近況については、当ブログまたは新ブログにて報告させて頂こうかと思っていますので、ぜひお楽しみに。(誰が?)

Dsc00354

« 2010年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ