« 2009年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年1月

2010年1月17日 (日)

再会 ~鶴見岳・由布岳~

会社の元同僚との新年会に出席するため、数年ぶりに大分県へ出掛けてきました。
大分自動車道の由布岳SAで休憩したところ、目の前には鶴見岳と由布岳の感動するほど美しい姿が・・・。九州はダイナミックな自然の宝庫ですが、やはり大分県の風景は素晴らしいなと改めて思いました。
再会するまでに過ごした時間がそれぞれにもたらした変化は、お互いの目にどう映っていたのでしょうか。

Imgp0429_2














Imgp0427
































Imgp2314















2010年1月14日 (木)

一期一会 ~桜島冬景色~

化粧で別人になるのは、女性ばかりではありません。 桜島もこのとおり、普段とは別山になっております。

二日に亘る降雪で五合目付近まで雪化粧した桜島と、見事に晴れた翌日の空、キレットを強調する太陽の位置、こうした条件がすべて揃って目にすることができた風景。 まさに一期一会の冬景色です。

ちと古いですが、「ばらけたイニシャル」(ブレッドアンドバター)の歌詞を思い出しました。
♪永遠なんてどこにもないね、あるのは今日の今だけ・・・♪

今日と同じ明日は来ない。それは悲しくもあり、喜ばしくもあることです。

Img_3220







鹿児島市内にも積雪

雪がぱらつくのは例年よくあることでしたが、雪が降り続いて終日やまない鹿児島市内は初めて見ました。 見慣れた景色も雪化粧すると激変します。
今日も相変わらず慌ただしい一日でした(日付が替わってすでに昨日ですが)。しかしまぁ、分かり切ったこととはいえ、本社の管理部門と地方の営業店とでは感覚に大きなズレがあって事あるごとにヤキモキさせられます。 お客さんと直接やり取りする現場感覚を持てと要求するのは無理にせよ、せめて難しい局面で「何とかしよう」と思って対応してくれないと、こちらの神経がいくらあっても足りません。 難局を招いた原因が当の管理部門にあれば尚更のことなのに、組織が大きくなるとこれ程までに配慮に欠けた人間が横行するものかと感心しちゃいます。 今まで何度泣かされたことか・・・(^^;
Img_3216













Img_3213














2010年1月 7日 (木)

新年に新たな想いを

Imgp0299













平成21年が幕を閉じて、新しい年がスタートしました。
年齢を重ねるほどに、一年が感覚的に短くなっていく気がするのは不思議なもんです。
ともあれ、元旦は一年の大きな節目。
暦と一緒に何かが変わる訳じゃありませんけど、新しい想いや祈りをもって次の一年に臨むのは、人間が生きていくうえで大切な行為だと思います。
というか、実は無意識のうちに健全な脳ミソは同じような働きを毎朝繰り返しているんでしょうね、たぶん。
生活や行動を主体的に変えて、今日を過去の延長線上から救済していくには、そういったものが不可欠に思えますから、ストレスを上手く解消してアタマを健康な状態に保つのは殊のほか大事だということになります。
年末年始はだいぶのんびりできたんで、しばらくは大丈夫でしょ(^^;
Imgp0270






























Imgp0222











« 2009年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ