« 甲突川沿いの夜景(3) ~ IXY400にリコール現象発生 ~ | トップページ | 秋の気配 ~ 吉野公園 ~ »

2009年9月29日 (火)

誰の様でもなく

Dscf0699













YOUTUBEのおかげで、篠原美也子の2ndシングルを今日はじめて聴きました。
彼女の歌と出会ったのは16年前に1stシングル「ひとり」を耳にしたときです。
心を見透かされるような歌詞が彼女独特の表現力で歌われたこの曲に衝撃を受け、「海になりたい青」、「河よりも長くゆるやかに」という2枚のアルバムを手に入れて良く聴いていたのですが、この曲を聴き逃していたとはうかつでした(^^;
ネット全盛の今では、アーティストや曲とのこうした出会いも多いのかも知れません。
この曲もすばらしいです。

<以下、歌詞引用:「誰の様でもなく」・篠原美也子>

昔 銀幕のスターは生まれながらのスターだった
誰も知らない所に住み 会えるのはスクリーンの中だけ
だけど時代は随分流れたね 今じゃ隣のちょっと可愛いあの子が
次の日にはもうスターだってもてはやされてる
あんたの様なやり方は流行らないと誰かが笑う
いつまでもそんな風に不器用じゃ話にならない
東へ西へ左へ右へどこへでも そんな時代さ
答えはすぐに出るもんだ 誰だってその方がいいに決まってる
なにか違うように思う なにかおかしいように思う
でもすべて時代のせいに出来る程若くはなく
あきらめ悟ってしまう程 生きているわけでもなく
自分を探してみたくてやっといま 1歩目
誰の様でもなく 誰の為でもなく 誰にも似ていない
I`m nobody I`m nobody

恨む程 嘆く程 それ程悪い世の中じゃない
取り立てて不自由はないけど 若すぎる激しさの行き場所が無い

わかっている わかっている わかり過ぎる程わかっている
でも今日も日々に追われ だから人間て愛おしいもの
小さな花とあきらめるな 何も出来ないと決めつけるな
たとえどんなわずかなことも 誇りに出来る力を持て
あんたはまだ若いなどと 卑怯な逃げ方をするな
時代を変えてゆく ものがあるとすれば それはきっと名も無い青春達
流されていったとしても 何かに立ち向かっていても
すべての人生を包む様に時は流れる
たかがはたち されどはたち 今が今しかないように
私は世界でたったひとりの私でありたい
誰の様でもなく 誰の為でもなく 誰にも似ていない
I`m nobody I`m nobody I`m nobody 誰の様でもなく
誰の様でもなく 誰の為でもなく 誰にも似ていない
I`m nobody I`m nobody I`m nobody

« 甲突川沿いの夜景(3) ~ IXY400にリコール現象発生 ~ | トップページ | 秋の気配 ~ 吉野公園 ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524582/46348409

この記事へのトラックバック一覧です: 誰の様でもなく:

« 甲突川沿いの夜景(3) ~ IXY400にリコール現象発生 ~ | トップページ | 秋の気配 ~ 吉野公園 ~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ