« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月25日 (日)

岸壁の猫 ~ やはり高倍率ズームは便利

昨日とさして変わらぬ寒空の下、積雪が見られた桜島を撮りに、中央卸売市場がある埠頭に出掛けてきました。
Dsc_2661













立っているだけで足下から寒さがしみてきそうな中、釣り人たちが岸壁から糸を垂れていました。 見上げると桜島の頂上付近は真っ白になっています。
Dsc_2630













かじかむ指でシャッターを押しているうち、近くで何やら動くものが・・・。ふと眼をやると岸壁の消波ブロックの上で毛づくろい(?)をしている猫でした。
Dsc_2646














Dsc_2632_2














その周りには仲間も何匹かいて、この場所に住み着いているんだろうなと思っていたら、こんなお方にも遭遇してしまいました。 たぶんニワトリだと思いますが、それにしてはずいぶんと貫禄がありますな。 いったいアナタはだれ・・・?
Dsc_2628













Dsc_2658













というわけで、D80に先日購入したシグマ18-200mm OS HSM をつけて埠頭の散歩をしてきたんですが、やはり広角から望遠までを1本でカバーしてくれる高倍率ズームの利便性を再認識する結果となりました。 標準ズームレンズでは諦めていたシーンを取り込めるケースが確実に増えますね。
Dsc_2645













Dsc_2666













ISO100ではシャッタースピードが1/40秒以下に落ちてしまうコンディションだったため2段増感していますが、D80でもISO400までならじゅうぶん許容範囲の画質が得られます。

これまでは「高倍率ズームは画質が・・・」という固定観念から敬遠していたんですけど、モデルチェンジを経たいまどきのレンズは、手振れ補正機能が加わっただけでなく、描写面でも一定の水準に到達していて、便利さと引き替えに画質を我慢しなくてはならないような過去の代物ではありませんでした。

2009年1月24日 (土)

今冬一番の寒さ ・・・でも梅が開花

大陸から今冬一番の寒気が流入して、鹿児島の最高気温は8度前後までしかあがらず、九州北部では積雪による事故もあったようですが、川沿いの公園では梅が花を開き始めました。 気が付けばもうすぐ2月、いつのまにか新しい季節が近くにきているのを感じて少し驚いた一日でした。
Csc_2612































2009年1月17日 (土)

風景写真を箱庭風に加工してみる

ネットで面白そうなサイトを見つけました。 風景写真をジオラマ風に加工して、加工後のファイルをダウンロードできるという、ちょっと変わった機能なのですが、ANAの機内誌「翼の王国」(だったかな?)に毎回載っている本城直季氏の写真に近い効果が得られます。

たとえば、この写真を加工すると・・・
1685_02













こんな風になります。(コントラスト↑、明度↓若干調整しています)
1685_02tiltshift













印象が大きく変わって、けっこう楽しいでしょ?
もし興味のある方はどうぞ。 → http://tiltshiftmaker.com/
PCやWEB上の写真を読み込ませて、フォーカスの範囲と位置を調整し、プレビューボタンを押すだけです。コントラストと明度を変えた方が、より箱庭の雰囲気が出るようです。

2009年1月14日 (水)

黄昏の開聞岳

Dsc_2479













桜島の有村展望所から指宿方面を眺めると、遠く開聞岳の姿がありました。
この山にはまだ1度しか登っていません。
高さ千メートルにも満たないのですが、海面から立ちあがっているため、獲得標高差はたっぷりで、かなり登り応えがありました。
春先の山頂でいちばん印象に残ったのが、頭上を驚くような速さで行き交うウミツバメが風を切る「ブーン、ブーン」という音で、ちゃんと周りを見て飛んでるんでしょうが、間違って当たったら失神しそうなほどの勢いに圧倒されました・・・(^^;
ウミツバメをあんなに近くで見たのは初めてで、その美しい形にしばし見とれていたのを思い出します。

2009年1月12日 (月)

桜島の夕景 ~ 18-200mm OS HSM 試し撮り(2)

マリンポートに立ち寄っているうちに雲が切れてきたので、久しぶりに桜島フェリーに乗り、桜島に渡って試し撮りの続きをしてきました。
Dsc_2417













乗船時間は約15分で、午後4時すぎに到着。日が長くなってきたので、2時間近く撮影できます。 ↓はフェリーから望遠端300mm相当で撮った桜島(北岳、中岳)です。
Dsc_2415













今日のテーマは有村展望所と、昭和溶岩の先にある入江。 料金所を通過して車を20分ほど走らせると目的地に到着しました。
Dsc_2433













仕事でこの道を通ったときに見かけて、コンディションが良い日の夕方に撮りたいと思っていた場所です。 入江が何となく懐かしさを感じさせる風情を漂わせています。
Dsc_2437













ここで数十枚撮ったあと、ちょっと引き返したところにある有村展望所に向かいました。 夕陽を浴びた桜島(南岳)が雄大な姿を見せています。
Dsc_2467













望遠で見ると、崩落と浸食で鋭く研ぎ澄まされたキレットがまるで爪痕のようになっているのが分かります。 登るのはちょっと怖いですね~。(立入禁止ですけど)
Dsc_2453






























ひとしきりシャッターを押しているうち、夕暮れが近づいてきたので、フェリー乗場にもどることにしました。 かなり短時間でしたが、200枚近く撮れて満足感はじゅうぶんです。
Dsc_2473













フェリー乗場の近くには、ギネスにも載っている(?)世界最長の足湯があるので、温まって帰ろうと思ったら、何と5時半で終了だそうで、写真だけ撮って退散しました。
Dsc_2504






























肝心のSIGMA 18-200mm OS HSM ですが、等倍で見たときの望遠側の甘さはあるものの、ISO200あたりを基本に絞り込んで撮ればかなり改善される気がしました。シャッタースピードの問題もあるので、その点ではD80よりもD90の方が相性は良いかも知れません。
運動会などのイベントで画質がもっと重要な場合には別のレンズを選択すると思いますが、旅行やスナップ用途ならこれ1本でほとんど事足りてしまうでしょうね。

マリンポート鹿児島 ~ SIGMA 18-200mm OS HSM 試し撮り

Dsc_2408













真冬なのに綺麗なお花畑・・・、かと思ってしまいそうですが、下の写真を見ると分かるように、お花畑ではありません。 ここは一昨年9月にオープンした「マリンポート鹿児島」の歓迎セレモニーゾーンにある花壇で、「WELCOME TO KAGOSHIMA」の文字を模っています。
Dsc_2412













大型客船の接岸バースのほか、災害時の対応空間を兼ねた緑地スペースなどがあるウォーターフロント施設ですが、まだ半分が工事中なので完成にはもうしばらく時間がかかりそうです。
冬のボーナスが出たのをいいことに、以前から気になっていた手振れ補正付き高倍率ズームSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM を購入してしまい、今日はその試し撮りに出掛けてきました。
Dsc_2383













広角~標準域については高倍率だからという割り切りを必要としないほどの写りを見せてくれますし、高感度画質が弱めのD80でも手振れ補正のおかげでISO100でかなりの低速シャッターまで粘ることができます。 発色も良好でいまのところそれほど気になる点はありません。
Dsc_2396













35mm換算焦点距離27~300mmはとても便利で、手振れ補正付きともなれば、もう付けっ放しでもいいかという気になったりしますが、やはり利便性と画質のトレードオフは存在するわけで、広角側の樽型歪曲と望遠側の糸巻型歪曲は低倍率ズームレンズに比較すると目立ちますから、被写体が建築物などで直線を出したい場合などには不向きだと思います。
Dsc_2397













それほど気になる点はないと書いておきながら、もうひとつ付け加えると、望遠側の描写はそれなりに甘いです。 まあこれは等倍で見た場合の話ですから、一般的なPC画面サイズでの鑑賞やA4程度の印刷では何の問題もなく、じゅうぶんに綺麗です。

2009年1月 8日 (木)

空から見る富士山と南アルプス

年末休暇で鹿児島-羽田便に搭乗した日はよく晴れ渡っており、静岡県寄りの海上を通過するときに富士山がとてもきれいに見えていたので、コンパクトデジカメで撮ってきました。 
Dscn2259














右手前に伊豆半島、駿河灘の向こうに富士山、そして左手奥には冠雪した南アルプスの山並が望めますが、地平線が描く微妙なカーブを見ると、地球が丸いという当たり前のことを実感します。
スケールがあまりにも巨大なので普段はイメージが湧きにくいんですが、航空機から見ると、地球は間違いなく有限の存在なんだという事実を突き付けられたようで、ちょっと切ない気分になりますね・・・。

2009年1月 4日 (日)

2009年もよろしくお願いします

例年より少し早めの年末年始休暇を取って、里帰りをしてきたんですが、思いのほか寒くて新年早々に風邪をひいて帰ってきてしまいました(^^; 先が思い遣られますが、気を取り直してがんばっていきますので、今年もよろしくお願いします。
Dsc_2155






























Dsc_2125













« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ