« 慈眼寺公園のコスモス ~ AT-X M100 PRO D 100mm F2.8 | トップページ | 初冬の風物詩 ~ D80で撮るイチョウ並木 »

2008年11月12日 (水)

桜島と満月 ~ D80で夜景撮影にトライ

会社に戻るクルマの中からふと外を眺めると、(たぶん)満月がちょうど桜島の上にのぼっているのが見えまして、偶然にも今日は水曜日で早帰り。 というわけで、普段なら疲れていて全くそんな気にもならない夜景撮影に行ってきました。 帰宅早々、夜景には必需品の三脚とD80を持って海岸沿いまでクルマで行ってみると、風が強いこと・・・。
Moon01













セッティングはMモードでF8固定、30秒、ISO100、(戻し忘れて)露出補正-0.3、マニュアルフォーカスで∞、長秒時ノイズ低減あり、WB太陽光です。(↑)
鹿児島といえども季節は初冬、立っていると身体が揺れるくらいの寒風を受けつつ、シャッター速度を変えて5枚ほど撮ったところで退散です。 夜景というよりは月明かりだけに近いコンディションの場合、見た目に近い露出を得るにはISO100では30秒以上必要になります。 しかも長秒時ノイズ低減ありだと、撮影後のノイズ処理に15~20秒ほど待たされるのでテンポは上がりません(^^;
このあと、風当たりの少ない港に移動して、WB設定による色再現の違いをテストしてみたのが以下の2枚です。
1.WB太陽光  ・・・少し赤みが強めですね
Moon03













2.WB電球  ・・・すっきりしましたが、真冬のようなイメージになりました。
Moon02













三脚を使用しても、風が強い・シャッター速度が遅い・近くに交通量の多い道路がある、などの条件によっては、じゅうぶんにブレてしまいます。 高感度に強い最新鋭機種と手振れ補正レンズ(機能)を併用すれば多少は難易度が下がるでしょうが、夜景を手持ちで綺麗に撮ろうなどというのは、かなりチャレンジングな行為なのかも知れません。

Road02









« 慈眼寺公園のコスモス ~ AT-X M100 PRO D 100mm F2.8 | トップページ | 初冬の風物詩 ~ D80で撮るイチョウ並木 »

スナップ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

うらやましい!
神戸は昨日は快晴で、夕焼も今年一番の美しさという感じが職場から見て取れました。赤く照らされた東のビルから上る満月も美しかったのですが…、僕は撮影にいけませんでした。
僕も夜景にチャレンジしたことがあるのですが、撮影後の処理が本当に長時間かかりますよね。あれはノイズ低減処理だったのですね。
月って意外に明るいんですね。一枚目の写真、上は太陽のように明るいのに、下は灯や水面に映る月光が夜の雰囲気で、幻想的ですね。

圭太さん、こんばんは。
仕事中に綺麗な夕焼けに出会うと、嬉しい反面、写真を撮れなくて損した気分になったりします(^^;
昨日のような快晴の日に早帰りできてラッキーでした。あと少し時間が早ければ、月と桜島がもっと近い構図で撮れたのですが、贅沢はいえません。
神戸の夜景は素晴らしいですから、機会があればぜひチャレンジしてみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524582/43094446

この記事へのトラックバック一覧です: 桜島と満月 ~ D80で夜景撮影にトライ:

« 慈眼寺公園のコスモス ~ AT-X M100 PRO D 100mm F2.8 | トップページ | 初冬の風物詩 ~ D80で撮るイチョウ並木 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ